神様ゲームという本を読みました。
著者は京都大学出身で、綾辻行人さんともお知り合いの方、らしいです。

もともと本の内容そのものよりも、可愛らしいネコの表紙にひかれて購入したというだけのことなのですが。
薄っぺらい本なので読みやすくていいのでは、と最初は感じました。
読んでみると、なんというか独特の薄気味悪さ、みたいなものが感じられます。

文体は平たんで実に読みやすいです。
小学生を題材にしているので、子どもでも読めるような気がします。

ただ、最後まで読んでみて、ちょっと唸ってしまいました。
これは子どもに勧めていいのか悪いのか、ちょっと判断に迷いますね。
面白いし、すらすら読めます。

結末まで読んでみて後味があまりよろしくないので、やはり大人向けの本かと思いました。

Comments are closed.